前歯の部分矯正治療例(20代男性 治療期間4ヵ月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

前歯の部分矯正治療例(20代男性 治療期間4ヵ月)

執筆者:

前歯の部分矯正の治療例(Before&After)と解説

叢生・八重歯の治療例

年齢・性別 20代男性
治療期間 4ヵ月
抜歯 なし
治療費(税別) 10万円(税別)
備考 治療方法:マウスピース型矯正装置(アライナー矯正)

上下の前歯の歯並びを治したいとの主訴でご来院された患者さまです。上段の術前写真で上下前歯部の叢生(歯並びがガタガタしている状態)が認められます。上顎の前歯部に関しては、前歯の間に大きな隙間があり、やや出っ歯気味になっています。
今回の治療では、費用的な問題と期間的な問題から、かみ合わせなどの全顎的な問題は解決せずに、前歯の並びだけ部分的に矯正する事になりました。この程度の叢生治療を治す手段としてアライナー矯正は有効であります。目立ちにくく、取り外し可能であるために口腔内を清潔に保つことが出来ます。
下段の写真で分かるように、叢生、前歯のすきっ歯の改善、出っ歯気味であった前歯部の角度も改善されております。下顎前歯部においてはIPR法により歯を並べるスペースを確保しました。患者さんの希望により下段写真の程度の並びで終了となりました。治療期間も4ヵ月と短期で終了することが出来ました。

※IPR法…歯のエナメル質を少量削り、スペースを確保する方法。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る