矯正歯科・マウスピース矯正|愛知県尾張旭・旭前・三郷駅近くの歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

矯正歯科・マウスピース矯正

このページの目次

早い・安い・実績豊富!尾張旭の矯正歯科ならナガイ歯科!4つのポイント

① 500以上の矯正治療実績を持つドクターが担当!

実績豊富当院における矯正治療は、500症例を超える矯正治療を行ってきた熟練の技量を有する歯科医師が担当を致します。

また歯並びの綺麗さのみならず、きちんとした咬み合わせにも気を配った歯列矯正を行います。

尾張旭の矯正歯科をお探しの方はぜひ無料相談にお越しくださ。

② 治療期間が最大50%短くなるゴムメタル矯正に対応!

ゴムメタル矯正歯並びの矯正と聞くと2年、3年と時間がかかるイメージが強いと思います。

しかし、当院の矯正治療ならそれを覆す矯正治療が可能です。従来の矯正治療に比べ10~50%程度治療期間が短くなるゴムメタル矯正を導入しております。

(詳しくは下記に記載)

③ 激安部分矯正3万円~!最短1ヶ月で治る!

マウスピース矯正「前歯1本だけ治したい、少し出ている八重歯だけ気になる」といった症状を治す、部分矯正(プチ矯正)にも対応。

しかも、透明なマウスピースを使用して目立たない部分矯正なのに、3万円~、最短1ヶ月ですぐに治すことができます。ただし、ワイヤー矯正を使用した部分矯正を適用する場合もあり、治療期間も1年程度かかるケース、全顎矯正(50万円)になる場合もありますので詳しくはご相談ください。

叢生・八重歯の矯正治療例はこちらから

④ 歯を抜かない矯正に対応!

歯を抜かない矯正当院のこだわりの一つが「非抜歯矯正」です。

矯正治療として行われる抜歯においては、小臼歯が対象として選択されることが多いのですが、この歯は咬み合わせをしっかりさせる上で重要な役割を持っています。

そのため歯を抜くのは最終的な手段であり、基本的には非抜歯での治療を検討致します。

矯正治療 無料相談受付中(セカンドオピニオン)

ナガイ歯科では今までに数多くの矯正治療を手掛けてきた歯科医が、直接カウンセリングを行います。お子様の歯並びの矯正や成人の歯並びの矯正をお考えの方は、まずカウンセリングを受けられることをお勧め致します。

※小児矯正については、小児矯正・小児歯科のページをご確認ください。

歯並び矯正治療例のご紹介

凸凹な歯列(叢生)の治療例(Before&After)と解説

叢生の治療例

年齢・性別 30代女性
治療期間 6ヶ月
抜歯 なし
治療費(税別) 5万円
備考 マウスピース型矯正装置による歯列矯正

目立たない装置で下の前歯の歯並びを治したいとの主訴で来院されましたので、無色透明ではめてることすら分かりにくいマウスピース型矯正装置での治療方法を選択しました。歯が動く度に装置を変えていきますが、今回は全部で3つの装置で治すことが出来ました。歯の動きもよく短期間で治療を終えることが出来ました。

更新中!その他の矯正治療例はこちら

歯科矯正の治療前

矯正治療前

歯科矯正の治療後

矯正治療後

その他の矯正治療例を日々更新中です。下記より症状をお選びいただき、治療例をご覧ください。

叢生・八重歯の矯正治療例  すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例

 

出っ歯(上顎前突)の矯正治療例  開咬(前歯が咬まない)の矯正治療例

歯並びの矯正を目立たせずに行える!3つの目立たない矯正装置

目立たない矯正器具

歯並びの矯正といえば、前歯の歯面に装着されたワイヤーやブラケットをイメージされる方も多いと思われます。そのため矯正治療に抵抗感を覚える方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。当院では以下に記すような3つの「目立たない矯正装置」を用いた矯正治療方法も可能です。どのような矯正治療をご希望されるか、しっかりとお話をした上で方針を定めます。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正

マウスピースを用いた矯正方法で、特長としては食事や歯みがきの際に取り外せるという点と、ワイヤーを用いないので口の中が傷つかないという点、さらに目立つこともないという点が挙げられます。あまり違和感や苦痛などを覚えずに矯正治療を進められます。

裏側矯正(舌側矯正)とは

裏側矯正

一般的に用いられる矯正装置に近いですが、装着場所が異なります。この裏側矯正では、歯の裏側に装置を取り付けることで、一見して矯正治療を行っていることがわからないようにできるのです。

クリア矯正とは

クリア矯正

これも形自体はワイヤーとブラケットを用いる従来の矯正装置と同じものではありますが、素材が異なります。歯と見分けがつかないような白色の装置を用いるため、金属を用いた矯正装置よりも目立ちにくいといえます。

治療期間が短い!驚異の矯正装置「ゴムメタル矯正」という選択

ゴムメタル矯正

自動車メーカーのトヨタで開発された新チタン合金「ゴムメタル」を用いた矯正方法がこのゴムメタル矯正です。ゴムのように柔軟かつしなやかで、しかも金属のように頑丈だというこのゴムメタルは、身体にもよく馴染み、しかも折れにくいものです。またニッケルを含有しないので、ニッケルにアレルギーを持っているという患者様にとってもご安心いただけます。尾張旭でゴムメタル矯正を行っている矯正歯科は数少ないので尾張旭で矯正歯科をお探しの方はぜひ当院までご相談ください。

2~3年の治療期間が1年に!治療期間が最大50%も短くなります!

治療期間

矯正治療において用いられるワイヤーは、基本的にステンレススチールを素材とするものです。このワイヤーはあまり曲がらないために、矯正段階に応じて細いものから次第に太いものへと交換していく必要がありました。しかしゴムメタル矯正では、ゴムメタルの柔軟性から、ワイヤーの交換を行わなくてもよく、治療初期から望ましい程度の力を歯に加えられます。そのために治療期間が従来の矯正治療よりも短くなるという特長があるのです。患者様の口の中の状況にもよりますが、最大で約2年ほども治療期間を短縮できます。

「1年後の結婚式に向けて歯並びをキレイにしたい!」、「大学生で就職活動前に歯並びをキレイにしたい!」など1年程度先までに歯並びを整えたい方にピッタリですし、そもそも長く矯正を続けたい方はいらっしゃらないと思いますので、矯正治療をお考えの方全員にオススメですね。マウスピースで見た目を優先するか、治療期間を優先するか、一緒に話し合いましょう。

非抜歯矯正によって歯を抜かずに歯列を整えます

抜歯しない歯列矯正

ナガイ歯科では、「非抜歯治療」という歯を抜かない矯正を積極的に取り入れています。元から生えている歯は一度抜いてしまうと二度と生えてきません。そのため咬み合わせに悪影響が及ぶ可能性もあるのです。矯正治療での抜歯は4番めにある小臼歯を対象として行われることが多いのですが、この歯は咬合においても重要な役割を有しています。抜歯矯正を避けるための方法としては、以下の2つが考えられます。

奥側の歯の遠心移動によるスペースの確保

歯を遠心移動

奥歯をさらに奥へと動かす(遠心移動)ことで、歯を並べるためのスペースを確保します。一般に用いられる矯正装置ではなく、インプラントを軸として固定し、アンカー矯正をを行うことになります。

エナメル質を少しずつ削るスペースの確保

エナメル質を削る

エナメル質というのは、歯の層で表面を覆う部分です。IPRないしディスキングという方法によってエナメル質を少し削り、歯を並べるスペースを確保するというわけです。削るといっても約0.2mmから0.5mm程度であり、エナメル質の厚みは約1mmから2mmはあるので、問題は生じません。

エナメル質を削ることによる弊害はないのか

矯正治療時にはエナメル質の削る厚みを厳密に調整することで、あらゆる問題が生じないようにしております。実際の臨床報告でも、エナメル質を微量削ることによる虫歯の発症や歯の劣化といったことは一切見受けられません。もちろん、本来なら削らないほうがいいのは確かですが、歯を丸ごと抜いた上で矯正するよりは少しだけ削って済ませるほうが負担は少なくなります。

IPR・ディスキングによる矯正治療のメリットとは

  • ① かつてなら歯を抜くような症例でも、非抜歯で治療できる場合が多くなりました。
  • ② 抜歯による治療よりも負担が少なく、治療期間も短くなります。
  • ③ 矯正後に再び歯並びが悪くなってしまう「後戻り」現象が起こりにくくなります。
  • ④ 歯と歯の間に生じる三角形の隙間が目立たないようにできます。
  • ⑤ 歯の表面に軽い虫歯(カリエス)があった場合は、その虫歯ごと削り取れます。

矯正治療の対象となる「不正歯列」にはこういうものがあります

不正歯列

歯並びに問題がある場合に矯正治療を行うわけですが、この問題というのを不正歯列といいます。これには以下に挙げるような症例があります。

出っ歯

出っ歯

外国人の書く日本人の戯画のように、上の前歯が前へと突き出ている状態です。

開咬(開口)

開口

歯を咬み合わせた時に前歯が咬み合っていない状態を開咬といいます。口が開いた状態になってしまうため、開口とも呼ばれます。

受け口

受け口

出っ歯とは逆に、下の歯が上の歯よりも前へ突き出ている状態となり、顎がしゃくれた感じになります。上の歯が削れて磨り減ってしまうこともあります。

叢生

叢生

叢生(そうせい)とは、いわゆる乱杭歯のことであり、歯がバラバラな方向へと生えている状態です。咬み合わせに問題があるばかりではなく、虫歯にもなりやすいものです。

空隙歯列

空隙歯列

空隙(くうげき)とは、歯間の隙間が広い隙っ歯をいいます。目立つだけではなく、発音が不明瞭になるといったケースもあります。

過蓋咬合

過蓋咬合

開咬とは逆に、上下の歯が深く力強く噛み合い過ぎた状態であり、歯に負担が掛かるため磨り減ってしまう可能性があります。

愛知県尾張旭市の矯正歯科をお探しの方は、ぜひ当院へ!

信頼できる矯正歯科

愛知県尾張旭市において歯並びをきれいに揃えたいという方は、ナガイ歯科までご相談ください。矯正治療の経験豊富な歯科医師が、あらゆる疑問に対して親身にお答え致します。ご相談は無料で承っておりますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

トップへ戻る