歯周病治療|愛知県尾張旭・旭前・三郷駅近くの歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

歯周病治療

当院の歯周病治療に対する姿勢とこだわりについて

歯周病治療

ナガイ歯科では歯周病を治すことにこだわり、丁寧で精密な治療を行っております。歯周病というのは成人が歯を失う原因としてもっとも大きいものであり、それだけ重大な病気なのです。歯ぐきから血が出たり腫れたりしますが、それ以外に目立った自覚症状はありません。手遅れにならないうちに対処する必要があります。当院での歯周病治療に向けた姿勢とこだわりを以下でご説明致します。

① 高周波歯周病治療に対応

高周波歯周病治療当院では歯周病治療の最大のポイントである徹底した殺菌を実現するため、高周波治療器を導入しております。この装置は電子レンジのように熱をピンポイントで生み出し、菌を殺していきます。

歯と歯ぐきのあいだには隙間ができます(歯周ポケットといいます)が、この隙間に菌が繁殖していくことで歯周病は進行していきます。歯周ポケットの奥深くまでは歯ブラシも届かないため、歯科医院での治療が必要なのです。

高周波治療器を用いることで、歯周ポケットが深くなっていてもきちんと殺菌をすることができます。それによって出血や腫れもすぐに治まります。

② 除菌機能水「エピオスケア」による歯周病治療

エピオスケアエピオスケアは、高純度の超純水と塩を長時間分解して生成した除菌機能水です。従来の洗口剤と比べ、虫歯菌や歯周病菌に対する高い殺菌効果があることが確認されています。口腔内の虫歯菌や歯周病菌を10秒間うがいすることに より、ほぼ100%殺菌することができるという、人体への影響を最小限に抑えつつ、 虫歯菌や歯周病菌を溶菌する除菌機能水です。

こちらを歯周病治療と並行したホームケアとして使用していただくことで歯周病の早期改善を目指します。

③ 歯周病菌の視覚化

歯周病菌検査ミルキンバクテリア・セルフチェッカーであるmil-kin(ミルキン/見る菌)を用いて、患者様のお口の中の細菌をその場で確認することができます。

患者様のお口から唾液や歯垢を採取し、その場でその中に潜む細菌を影像で見ることができます。ディスプレイにはスマートフォンを使用しますので、その影像をスクリーンキャプチャして写真として残し、歯周病治療成果の確認などにも活用します。

④ 徹底した検査と検診による早期治療

検査と検診自覚症状の乏しい歯周病は、気づけばかなり重度にまで進行しているという恐ろしさがあります。そのようになる前に歯周病を食い止めるため、早期発見が大事です。当院で行っている歯科定期検診では歯周ポケットの有無やその深度を測定した上で、生活習慣のヒアリングを致します。そこで歯周病となっているか、あるいは歯周病となるおそれがあると認められる場合、治療や予防の計画を立てます。特に重度の歯周病患者の方は、担当となる歯科衛生士とご相談の上、しっかりと治療を進めていくこととなります。

⑤ 歯周病の症状とその治療の必要性に関する説明の提供

説明上述のように自覚症状に乏しい歯周病では、患者様もいまいち事の重大性がピンとこず、治療にあたっても熱心になれないということがしばしばあります。そのため病気を放置して気づいたら歯を抜くより他はなくなっているということも起こり得ます。

そこで当院では歯周病とはどのような病気で、進行した場合にどうなってしまうのかを丁寧にご説明し、治療へのモチベーションを高めていただきます。

⑥ SRP(スケーリング&ルートプレーニング)治療へのこだわり

SRP歯に固くまとわりついた歯石を除去するには、スケーラーという道具を用います。このスケーラーには「超音波式」と「手動式」があり、それぞれ特徴があります。

超音波式のスケーラーは短い時間で広い範囲の歯石を除去できますが、精密性という点ではやや難があります。手動式スケーラーは時間と手間が掛かりますが、細かいところの歯石まできちんと除去できます。そこで当院ではこの2つを使い分け、丁寧かつ迅速な歯石除去を行ってまいります。

超音波スケーラー

超音波スケーラー

超音波によって振動し、広い範囲の歯面の歯石や歯垢を素早く取り除けます。

手動ハンドスケーラー

手動ハンドスケーラー

歯石や歯垢を手動で取り除くための器具で、細部まできちんと除去できます。

日本の成人の8割以上が歯周病患者であるという事実について

歯周病患者

日本人の成人のうち、8割以上もの方が歯周病に罹患しているといわれています。ここまで多くの患者がいるにもかかわらず、予防や治療の意識は決して高くありません。歯周病が進行し、歯ぐきからの出血や腫れが出て初めて自覚するという方も多くいます。歯周病と無縁だという方のほうが少ないことから、「自分は大丈夫」と安心する前に、一度歯科検診でチェックをしてみられることをお勧め致します。

歯周病と糖尿病の関係性について

歯周病と糖尿病の関係性

生活習慣病である糖尿病は、数多くの患者がいる病気ですが、歯周病と同様に自覚症状に乏しいものといえます。気づいた時には既に重篤な状態となっていることもあるというように、歯周病との共通点も見受けられます。それだけではありません。恐ろしいことに、歯周病と糖尿病は負の連鎖関係にあるのです。

互いを悪化させる負のサイクルとは

下記の図をご覧ください。歯周病の症状は糖尿病を悪化させます。そして糖尿病は歯周病を悪化させます。つまり歯周病と糖尿病を併発することで、互いに互いを悪化させる負のサイクルが完成してしまうということです。ただ、他方を改善することでもう一方も治癒していくという関係性も見受けられます。

▼クリックで拡大します負のスパイラル構造

症状の進行度合いに合わせた歯周病治療とは

一般的な歯周病治療

歯周病の治療にあたっては、まず歯周ポケットがどのくらいの深さか、出血はどの程度かを測定します。これにより歯周病の進行度合いがわかりますので、それに合わせて治療方法を選択します。

軽度の場合には歯のクリーニングを

歯のクリーニング歯周病の進行度合いがまだ初期の段階であれば、完治まではさほどハードルが高くありません。歯石を除去するために歯科医院へ通う必要はありますが、それも数回程度で済みます。

歯と歯ぐきの間の歯石を取り除き、同様に歯の表面のバイオフィルムという汚れを除去します。こうすることで歯ぐきが引き締まって出血が止まります。あとは次第に歯ぐきが健康を取り戻していくことでしょう。

中度の場合にはルートプレーニングを

ルートプレーニングルートプレーニングというのは、特殊な器具を使用して歯周ポケット奥の歯石と汚れを除去する方法をいいます。

中度の歯周病では歯周ポケットがそれなりの深さとなりますので、歯石を取り除くのにも手間が掛かります。また治療にあたっては出血や痛みを避けられないので麻酔をする必要もあります。

重度の場合には歯周外科・歯周再生療法を

外科処置や歯周再生療法

重度の歯周病では歯周ポケットが相当の深さとなっているため、ルートプレーニングでは対応しきれません。そのまま放置しておくと歯の根元が溶けて、やがて抜け落ちてしまいます。そこで歯ぐきの一部を切り開いて歯石を取り、元通りに縫い合わせるという処置が必要となります。

これも当然ながら麻酔をします。外科的処置を行う以上、完治までの期間も長くなりますので、重度にまで進行する前に通院し、早期の発見ができるようにすることが望ましいといえます。

愛知県尾張旭市での歯周病治療をご希望の方へ

歯周病治療や定期検診

ナガイ歯科では歯周病の早期発見、早期治療を重視し、検診に力をいれております。歯みがきだけでは完全に歯周病を防ぐことはできないので、一度は歯科検診を受けられることを推奨致します。また、歯周病の治療は軽度であればあるほど負担が少なく、完治までの期間も短くなります。ぜひお早めにご相談ください。

トップへ戻る