子どもの出っ歯の矯正治療例(11歳男子 治療期間3年)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

子どもの出っ歯の矯正治療例(11歳男子 治療期間3年)

執筆者:

子どもの出っ歯の治療例(Before&After)と解説

子どもの出っ歯(上顎前突)の矯正治療例の治療例

年齢・性別 11歳男子
治療期間 3年
抜歯 上顎左右第一小臼歯
治療費(税別) 40万円
備考 マルチブラケットストレートワイヤーテクニック(オーバージェット(出っ歯の量)が10mm以上)

上顎前突の改善のため治療を始めることになりましたが、初診時、オーバージェット(出っ歯の量)が10mm以上あり、十分なスペースを確保する必要があることから、抜歯の選択となりました。また、下顎前歯部が下顎臼歯部より咬合平面に対して高い位置にあり、同じ高さにするように改善を図りました。

上下顎ともにリベリング(歯列を平らにする事)が終了したところで、上顎の小臼歯を左右一本ずつ抜歯しました。上顎小臼歯の抜歯後のEMS(出っ歯の前歯を中に入れる行為)では、下顎の後方回転、誘導を引き起こす懸念があるため、十分に時間をかけて弱い力で持続的にクロージングしました。顔貌もブレーキフェイシャルタイプとあって、咬合力の強さも期待できるために、上記のリスクも回避出来るであろうと考えました。

強い力をもって短期間でのEMSを図ることでのリスクは、特に抜歯ケースにおいては極力避けることが望ましいと考えます。治療期間が長くなることは、患者さんにとってネガティブな要素になりますが、リカバーが困難な状態に至らないようにするためにも、ある程度の治療期間の延長はやむを得ないことであると考えます。

小児矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る