子ども反対咬合の矯正治療例(10歳女児 治療期間1年4ヶ月)|愛知県尾張旭・旭前・三郷駅近くの歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

子ども反対咬合の矯正治療例(10歳女児 治療期間1年4ヶ月)

子ども反対咬合の治療例(Before&After)と解説

反対咬合(受け口)の矯正治療例

年齢・性別 10歳女児
治療期間 1年4ヶ月
抜歯 なし
治療費(税別) 10.5万円
備考 拡大床+マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

上段の写真にある口元の写真が10歳時、治療前の写真になります。矯正前の口元の状態ですが、上顎骨の劣成長により発達が未熟なため鼻の下から上唇周辺にかけて顕著な窪みが認められます。受け口のお子さんに良く見られる典型的な口元の様子です。

一方で、下段の口元の写真ですが、5年後の15歳(現在)時の口元です。 上顎に拡大床を使用して十分に前方へ押し出して、その後マルチブラケットストレートワイヤーテクニックにより歯列を綺麗に並べた後の写真です。治療後おおよそ3年半後の写真となりますが、上顎の窪みが無くなり、綺麗な口元がご覧になれると思います。

今回のケースは、治療を開始した時点ですでに上の前歯は永久歯であった事、反対になった被蓋(歯の重なり具合)の量が浅かったことから,治療期間も1年4か月という短い期間で治療を終える事が出来ました。

小児矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る