上顎前突(長期症例)の矯正治療例(10代男性 治療期間7年)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

上顎前突(長期症例)の矯正治療例(10代男性 治療期間7年)

執筆者:

上顎前突の治療例(Before&After)と解説

上顎前突・叢生(軽度)の治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 7年(小児期からの全治療期間として)
抜歯 1本(上顎左側第一小臼歯)
治療費(税別) 40万円(税別)
備考 治療方法:拡大床+マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+エッジワイズテクニック

初診時9歳で来院されました。著しい上顎前歯部の前突が認められます。口唇も閉じることが出来ず発音障害も認められました。上段の写真は初診時のもので乳歯と永久歯が混合する、混合歯列期と呼ばれる期間でありました。上顎前突及び上顎歯列の狭窄の改善のために、初期治療として6か月間拡大床を使用しました。さらに6か月間、永久歯の萌出を待ってからブラケット装着して全顎矯正を開始しました。

この患者様においては同年齢の子供に比べて永久歯の萌出が早く、早期での全顎矯正が可能でした。十分な時間をかけて歯列の拡大をしましたが、出っ歯を治すためのスペースが得られず、上顎左側第一小臼歯を抜歯しました。上顎歯列の右側への変位の修正に、ゴムメタルワイヤーによるクロージングとアンカーロスのための矯正用TAD(インプラントアンカー)を使用しました。ワイヤーを曲げて、歯に力を加えていく方法を何度も繰り返しながらの治療経過となりました。ブラケット装着から4年の長期症例となりました。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る