叢生(上下顎)・反対咬合(前歯) の矯正治療例(10代男性 治療期間1年8か月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

叢生(上下顎)・反対咬合(前歯) の矯正治療例(10代男性 治療期間1年8か月)

執筆者:

叢生(上下顎)・反対咬合(前歯)の治療例(Before&After)と解説

叢生(上下顎)・反対咬合(前歯) の矯正治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 1年8か月
抜歯 なし
治療費(税別) 30万円(税別)
備考 治療方法:マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

上下顎の叢生(歯並びが不揃い)と前歯部の反対咬合(受け口)の改善を主訴に来院されました。臼歯部(前から4番目~8番目の歯)の位置関係、かみ合わせに関してはほとんど問題ないと考え、上記の改善を主に治療を進めました。歯を動かすうえで不足しているスペースは、IPR法(一つの歯からおおよそ0.2mmほど削合、多数歯から同量程度のスペースを獲得することで必要なスペースのを確保する方法)にて確保しました。
治療中期から後半にかけて顎間ゴム(上顎歯列と下顎歯列にゴムをかけることで発生する力を利用して上下歯列の緊密なかみ合わせを獲得するために使用します。)を使用してもらいました。顎間ゴムは治療によっては不可欠な事があります。患者さん自身に毎日付け替えていただく必要があります。ゴムかけを怠ると良好な治療結果が得られません。その点今回の患者さんはしっかりとゴムかけをしていただき良好な結果を得ることが出来ました。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る