子どもの出っ歯の矯正治療例(10歳女子 治療期間3年)|愛知県尾張旭・旭前・三郷駅近くの歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

子どもの出っ歯の矯正治療例(10歳女子 治療期間3年)

子どもの出っ歯の治療例(Before&After)と解説

子どもの出っ歯(上顎前突)の矯正治療例の治療例

スライディングプレート装着時の下顎の位置

子どもの出っ歯(上顎前突)の矯正治療例の治療例

年齢・性別 10歳女
治療期間 3年
抜歯 なし
治療費(税別) 40万円
備考 スライディングプレート+マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

初診時10歳で乳歯もまだ残る混合歯列期からの治療ケースです。 主訴が「出っ歯を治したいとのこと」でしたが、よく観察すると、下の顎が後方に位置していることがわかりましたので、また永久歯列が完成するまでにまだ数年時間がかかることから、今回は下の顎を前方へと誘導する装置「スライディングプレート」を上顎に装着して上顎前突(出っ歯)の改善を図りました。

2枚目の写真が装着時の様子です。下の顎が前方に出てきていることが分かります。 装着時の横顔写真でもわかるように、下の顎がまえに出ることで、鼻、口、顎のラインを結ぶ「エステティックライン」が綺麗に出ています。 この装置を2年間装着することで、抜歯をしたり、歯を削ったりする事なく、出っ歯の治療は終了しました。 歯の並びに多少の叢生が認められましたので、ここから約一年ほどブラケットを装着して改善を図りました。 乳歯の残る混合歯列期から永久歯列期までの一貫した治療により、非抜歯での上顎前突の改善をすることが出来ました。

小児矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る