開咬の矯正治療例(15歳女性 治療期間3年)|ナガイ歯科|愛知県尾張旭の歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

開咬の矯正治療例(15歳女性 治療期間3年)

執筆者:

開咬(前歯が咬まない)の治療例(Before&After)と解説

開咬(前歯が咬まない)の治療例

年齢・性別 15歳女性
治療期間 3年
抜歯 なし
治療費(税別) 40万円
備考 マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+MEAW

上の歯と下の歯の間が開いたままで発音もしにくいので治したいということでご来院いただきました。初診時、開口が著しく口腔内の状況も汚れて劣悪な状態でした。清掃指導を徹底しましたが矯正治療中も終始汚れた状態が続きました。

まず、上下顎の軽度の叢生を改善し、歯列のリベリング(湾曲をなくす)を行いました。その後、犬歯から大臼歯にかけての1対2歯の関係が確立してから開口の治療へと続きました。開口の改善には、MEAWとういう特別なワイヤーを使用しました。上顎と下顎の間に顎間ゴムと呼ばれるゴムの輪を日中装着してもらい、ワイヤーとゴムの力を利用して、前歯の開いたスペースを閉じていきます。

患者さんの協力が治療結果に直接的に影響します。今回患者さん自身の矯正治療に対する姿勢が前向きでないことから、来院回数も少なく、常に口腔内清掃状況も悪く、ネガティブ要素が目立ちましたが終了することが出来ました。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る