部分矯正(プチ矯正)の矯正治療例(20代女性 治療期間9ヶ月)|ナガイ歯科|愛知県尾張旭の歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

部分矯正(プチ矯正)の矯正治療例(20代女性 治療期間9ヶ月)

執筆者:

部分矯正(プチ矯正)の治療例(Before&After)と解説

部分矯正(プチ矯正)の矯正治療例の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 9ヶ月
抜歯 なし
治療費(税別) 11万円
備考 マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

写真でもご覧いただけると思いますが、上段処置前の写真では、一見問題なく矯正治療の必要がないのではないかと思われます。しかしながら患者さん本人によると青丸部分のわずかな歯の傾きや、ズレが気になりコンプレックスになっているとの事でしたので、部分的に矯正治療(部分矯正・プチ矯正)を行うこととなりました。

IPR法により約2mm程度スペースを確保しながらマルチブラケットストレートワイヤーテクニックにより治療を開始しました。開始時の細いワイヤーですでに歯の移動がみとめられ順に太いワイヤーへとステップアップしてきました。審美的要求が高い患者さんの場合後戻りは大変な問題へと発展しやすいため、基本通りにワイヤーアップを行い、その後ワイヤーダウンへと繋げていきました。歯を動かす事自体は容易なケースでしたが、後戻り防止にフォーカスして終始治療を進めていきました。下段の黄色丸が治療後の状態ですが、治療後まだ3か月程度ですが今のところは後戻りもなく良好な状態を保っています。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る