すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例(40代女性 治療期間約4ヶ月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

すきっ歯(空隙歯列)の矯正治療例(40代女性 治療期間約4ヶ月)

執筆者:

すきっ歯(空隙歯列)の治療例(Before&After)と解説

すきっ歯の治療例

年齢・性別 40代女性
治療期間 4ヶ月
抜歯 なし
治療費(税別) 5万円(税別)
備考 アライナー矯正(マウスピース型矯正装置)

初診時の写真ですが、上段写真で分かるように前歯が前方へ突き出て離開をおこしている状態です。下顎の前歯が上顎の前歯に強く当たるようになり、突き上げるかみ合わせの力により、上顎の前歯が前方へ突き出たと考えられます。

歯周病に罹患している場合に良く見受けられる所見ですが、今回のケースも歯周病による上顎前歯部を支える歯槽骨の喪失が認められます。このようなケースの場合は矯正治療を行い審美的回復を得た後においても、後戻りがが懸念されます。そのことを踏まえたうえで十分なインフォームドコンセントが必要となります。

今回のケース治療内容の難易度は低く、アライナー矯正もアライナー個数が僅か3個、治療期間も4か月程度で終了となりました。今後、後戻りする確率が高いことから、アライナー装置は約1年かけて外していく予定です。

始めの4か月は食事以外は装着、次の4か月は就寝時装着、最後の4か月は週末のみで、装着時にきつく感じるようであれば歯と歯の固定も考慮する。このように段階的に加わる力を弱めていくことで後戻りの抑制を図ります。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る