軽度の反対咬合(受け口)の矯正治療例(20代男性 治療期間2年8ヵ月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

軽度の反対咬合(受け口)の矯正治療例(20代男性 治療期間2年8ヵ月)

執筆者:

反対咬合(受け口)の治療例(Before&After)と解説

反対咬合(あごがしゃくれた状態)の矯正治療例の治療例

年齢・性別 20代男性
治療期間 2年8ヵ月
抜歯 なし
治療費(税別) 30万円
備考 マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+エッジワイステクニック
(ゴムメタルワイヤー使用)

歯並びの改善を主訴に来院されました。上段写真を見ると、前歯部の切端咬合(上の歯と下の歯の先で噛んでいる状態)、やや下顎前突傾向の状態がわかります。側面観では、一歯対一歯のかみ合わせが確認できます。(本来の正しいかみ合わせは、一歯対二歯の状態です)
また上段の右端の写真、上顎歯列の咬合面観(上顎の歯列を上から映した様子)をみると、上顎前歯部の前方への成長が乏しく、正常な被蓋(上の前歯が下の前歯を覆う状態)関係を成してません。従って、上顎前歯部の前方への移動を図り、かみ合わせを一対二の関係になるように、治療を施しました。
ゴムメタルワイヤーを積極的に使用して歯を動かしました。力を加減しながら断続的に加える事が出来るので、歯を並べるにあたり時間の短縮をすることが出来ます。後戻りをしないように太いワイヤーを装着している時間を長くとり、歯の歯体移動(歯の頭の部分だけ動かすのではなく、歯の根を平行に動かす)を図りました。
治療後は「食事の際に物を良く噛めるようになった」とのことでした。これはまさに一歯対一歯のかみ合わせが、一歯対二歯の関係になったことによる結果であると考えます。現在治療終了後8カ月が経過していますが、後戻りは見られません。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る