叢生・八重歯の矯正治療例(30代男性 治療期間3年5か月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

叢生・八重歯の矯正治療例(30代男性 治療期間3年5か月)

執筆者:

叢生・八重歯の治療例(Before&After)と解説

叢生・八重歯の矯正治療例の治療例

年齢・性別 30代男性
治療期間 3年5か月
抜歯 なし
治療費(税別) 30万円
備考 全顎的に歯並びを綺麗にしたい。

主訴が全顎の歯並びを綺麗にしたいとの事でしたが、多岐にわたる要望でした。上下顎の歯列の形(円弧の形)、正中のズレ、左側の1歯対1歯のかみ合わせの状態を1歯対2歯のかみ合わせに改善等ありました。大まかな歯の並びは2年ほどで出来上がりましたが、患者さんの要望が多くさらに1年6か月近くかけて改善に努めました。今回のケースにおいてはIPR法により必要な歯と歯の間のスペースを確保して、ストレートワイヤーテクニックにより歯を並べていきました。

上の歯と下の歯のかみ合わせを十分に隙間なくかみ合うように、顎間ゴムと呼ばれるゴムを患者さん自身に毎日装着してもらい治療に協力してもらいます。矯正治療においてほとんどの場合、このゴムの使用が必要になりますので、患者さんの協力は必須となります。最後にマウスピース型の保定装置を装着してもらい終了となりました。保定装置は6か月から12か月くらいの期間装着します。最初の4か月は食事以外は装着します。4か月以降は就寝時のみの装着です。段々と装着時間を短くしていきます。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る