反対咬合(受け口)の矯正治療例(30代女性 治療期間2年)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

反対咬合(受け口)の矯正治療例(30代女性 治療期間2年)

執筆者:

反対咬合(受け口)の治療例(Before&After)と解説

反対咬合(あごがしゃくれた状態)の矯正治療例の治療例

年齢・性別 30代女性
治療期間 2年
抜歯 なし
治療費(税別) 30万円
備考 マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

下顎反対咬合の改善を主訴として来院されました。一見、下顎が前方に出ているように見えますが、 セファロ分析(矯正治療に適した側方からのレントゲン写真)してみると、下顎は前に出ていますが、同時に上顎(上の歯とそれを支える骨)が前方に出ていないために受け口となっていることが分かりました。

下顎が極端に前方に出ているケースは、やはり外科手術の適応となることがしばしばありますが、 今回のケースにおいては矯正治療だけで主訴の改善を図ることが出来ると判断して治療開始となりました。 上顎を前方へ引き出すための力をワイヤーに埋め込み、ほぼワイヤーの力のみで歯を移動させていきます。 2年かかりましたが主訴の改善が得られました。右側の小臼歯部に関してはインプラントによる回復を希望されているので歯が入るスペースを確保して終了となりました。矯正治療ごすぐに写真を撮ったので歯の表面が汚れていますが、これから清掃、ホワイトニング等で綺麗にしていく予定です。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る