子ども反対咬合の矯正治療例(7歳男児 治療期間4年)|愛知県尾張旭・旭前・三郷駅近くの歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

子ども反対咬合の矯正治療例(7歳男児 治療期間4年)

子ども反対咬合の治療例(Before&After)と解説

子ども反対咬合(受け口)の矯正治療例

年齢・性別 7歳男児
治療期間 4年
抜歯 なし
治療費(税別) 10.5万円
備考 拡大床+マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

乳歯列期における受け口を心配されて来院されました。今回のケースも上顎骨の劣成長によって上顎は前方に発達せず、下顎のみが発達することでかみ合わせが反対になってしまったと考えられます。したがって拡大床を使用して上顎骨を前方へ牽引することで改善を図りました。

まだ7歳と骨の成長も十分に見込めるので、すぐに治療を開始しました。 また、この時点では前歯部は乳歯列でしたが、永久歯が萌出するまで治療が続くのでこの長い期間に装置を装着し続けることが最大の課題でした。乳歯が脱落するまで乳前歯部を前方へしっかりと押し出して、永久歯(中切歯)が萌出したところで、ブラケットを付けてマルチブラケットストレートワイヤーテクニックも併用しながら更なる前方牽引を行いました。

現在も永久歯前歯部は萌出中ですが、主訴であった反対被蓋(かみ合わせのこと)は改善されたので、装置を外して経過観察となりました。この種の反対咬合は、上顎前歯部周辺の窪みが改善することで、横から見た顔貌の変化が顕著で、顔貌の前方成長は審美的に欠かせないものだと改めて痛感いたしました。

小児矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る