子供の叢生・八重歯の矯正治療例(9歳女子 治療期間1年半)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

子供の叢生・八重歯の矯正治療例(9歳女子 治療期間1年半)

執筆者:

子どもの叢生・八重歯の治療例(Before&After)と解説

子どもの叢生・八重歯の矯正治療例の治療例

年齢・性別 9歳女子
治療期間 1年半
抜歯 なし
治療費(税別) 22.5万円
備考 拡大床+マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

上下顎前歯部叢生を認めるケースです。叢生量も少なく、臼歯部のかみ合わせも問題ないと判断して拡大床による歯列拡大を始めました。8か月経過後、拡大終了して保定装置装着。 叢生を改善するためのスペースは確保できましたが歯の並びはブラケットにより並べる必要があるため、また両親の希望で今回は、上顎のみブラケットを装着してさらに治療を進めることになりました。

歯の萌出を待つため、1年4か月程経過した後にブラケット治療開始となりました。歯を並べるスペースは十分にあるため歯の捻転や叢生の改善にはそれほど時間を要しませんでした。ブラケット装着後8か月後には装置を外して保定装置装着となりました。

今回のケースでは最終的に上顎のみの治療となったために、一見歯の並びは綺麗に見えますが、下顎とのかみ合わせが不十分な点も残りました。治療計画における理想のゴールの設定と、実現可能性を十分に吟味して治療を開始することの重要性を改めて感じた一例となりました。

小児矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る