叢生・上顎前突の矯正治療例(10代女性4年1ヵ月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

叢生・上顎前突の矯正治療例(10代女性4年1ヵ月)

執筆者:

叢生・上顎前突の治療例(Before&After)と解説

叢生の矯正治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 4年1ヵ月
抜歯 2本(上顎左右第一小臼歯)
治療費(税込) 378,000円
備考 ストレートワイヤーテクニック+エッジワイズテクニック

こちらの患者さまはガタガタの歯並びを綺麗にしたいとの主訴で来院されました。

上段が初診時写真となります。著しい歯列不正が認められます。叢生に加えて上顎前突2級2類(出っ歯だけれども前歯が中に傾斜しているために一見出っ歯と認識しずらい)と考えられます。

治療開始時、上顎前歯部が内側に傾斜し下顎前歯部と近接していることから、下顎前歯部にブラケットが装着できず上顎のみで治療を始めました。おおよそ3ヵ月後に下顎にもブラケット装着を行い、全顎治療がスタートしました。

通常通り、Ni-tiワイヤーを装着してレベリングを行い、018x0.22までワイヤーアップ。下顎はスピー湾曲(臼歯部と前歯部の高さに高低差があり歯列に湾曲できている状況)を改善するためにリバースカーブワイヤー装着、歯列のフラット化を図ります。この時点で一時的な上顎前突が増悪します。

オーバージェットが10mm程度あり、抜歯の選択をしました。通常とおりリトラクションを行い、上顎前突を改善、顎間ゴム使用により咬頭嵌合位を目指し、咬合緊密化して終了となりました。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る