子供の叢生・八重歯の矯正治療例(10歳男子 治療期間5年)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

子供の叢生・八重歯の矯正治療例(10歳男子 治療期間5年)

執筆者:

子どもの叢生・八重歯の治療例(Before&After)と解説

子どもの叢生・八重歯の矯正治療例の治療例

年齢・性別 10歳男子
治療期間 5年(永久歯萌出まち期間、引っ越し不在期間も含む)
抜歯 なし
治療費(税別) 30万円
備考 拡大床+マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

初診時、歯列不正も影響してか歯肉炎が著しく、下顎の前歯部左側中切歯においては著しく歯肉が退縮しています。また上下顎ともに前突傾向にあるため、口唇閉鎖が困難で口唇周囲筋群の緊張が認められます。

不足スペースは見た目よりも少ないために、拡大床を選択して約6か月程度拡大を行いました。その後下顎前歯部のみにブラケットを装着して叢生の改善を図りました。特に下顎の前歯部左側中切歯を早期に改善することで退縮歯肉の回復も期待しました。

その後永久歯の萌出を待つために一年ほど治療中断してから再度ブラケットを付けなおして約2年間治療が続きました。ここで引っ越しなどもあり治療終了となりました。その2年後に治療再開となり1年間治療を続けて終了となりました。

結果、下顎の前歯部左側中切歯の歯肉退縮部も十分に回復、また顔貌も初診時と見比べると
口角の下がり、無理に口を締めている様子も改善しました。矯正治療ににより、口角は上がり、口元の緊張もとれて、審美的にも機能的にも口腔周囲を含めた顔貌が正しく形成されたと思われます。

小児矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る