叢生・八重歯(軽度)の矯正治療例(30代女性 1年)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

叢生・八重歯(軽度)の矯正治療例(30代女性 1年)

執筆者:

叢生・八重歯の治療例(Before&After)と解説

叢生・八重歯の治療例

年齢・性別 30代女性
治療期間 1年
抜歯 なし
治療費(税別) 7万5千円(税別)
備考 治療方法:マルチブラケットストレートワイヤーテクニック

上段写真を見ると下顎前歯部の叢生が見られます。IPR法によりスぺ―スを獲得しましたが、患者さんの希望により、前歯部は削りたくないとの事でしたので、IPR法は臼歯部で行いました。したがって治療の対象となる歯が臼歯部まで含むことから今回のケースではブラケットを使用したワイヤー矯正を行いました。患者さんの審美要求が高いために、前歯部の並びに対する要求が多く、ブラケットの付け直しを数回行いました。

後戻りに対する患者さんの不安も大きかったことから歯体移動(歯の根まで含めた歯全体が平行に移動する事)を期待して、歯が並び揃った後も段階ごとにワイヤーの太さを変えながら、基本通りに治療を進めました。軽度の叢生症例でしたが治療に1年を費やし長期安定性を目指した治療となりました。

※IPR法…歯のエナメル質を少量削り、スペースを確保する方法。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る