叢生・正中偏位・上顎前突の矯正治療例(20代女性 2年)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

叢生・正中偏位・上顎前突の矯正治療例(20代女性 2年)

執筆者:

叢生・正中偏位・上顎前突の治療例(Before&After)と解説

叢生・八重歯の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 2年
抜歯 2本(上顎右第一小臼歯、上顎左側第二小臼歯)
治療費(税別) 35万円(税別)
備考 治療方法:マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+エッジワイステクニック(ゴムメタルワイヤー使用)

上段初診時写真から分かるように、上顎前歯部歯列が右側に偏位して犬歯が唇側転移(唇側に出ている、いわゆる八重歯の状態)しています。そして上顎歯列は右側の臼歯部が口蓋側へ位置し上顎歯列の狭窄(幅が狭い状態)が見られます。かみ合わせについては、左右における犬歯、小臼歯部の位置関係が1歯対1歯の関係になっています。(1歯対2歯の関係が望ましい)。上顎前歯部において叢生(歯がガタガタに並んでいる状態)があり、右上中切歯は唇側へ突き出して、いわゆる出っ歯の状態です。

また、下顎前歯部においても叢生が認められます。上顎においては右側偏位の前歯部改善、右側犬歯の唇側転移の改善のために確実なスペースが必要のために抜歯をおこないました。治療初期の段階では非抜歯治療を試み、上顎臼歯部の遠心移動を行いましたが、十分なスペースを得ることが出来ず抜歯することになりました。
※遠心移動・・・歯を現在の位置より奥歯側へ移動させることでスペースを作る方法。

矯正治療を進めるうえで出来る限り治療を早く終えるということは、一つのおおきな課題であると考えています。拙速な治療にならぬように、かつ余分な時間をかけないことが治療の短縮に必要です。抜歯症例においては、抜歯による弊害を考慮しながら慎重な治療計画を立てる事がとても重要になります。

今回のケースにおいて治療後の写真を比較すると矯正前の写真では、顎先がE-ライン(エステチックライン)に到達していませんが、治療後に近づいてきたことが分かります。口唇の様子も、術前では上唇に厚みがありましたが、術後には厚みが無くなりすっきりとした様子がうかがえます。このように歯並びを治すことで、顔貌の変化も見られます。改善点の多いケースでしたが2年で終了することが出来ました。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る