子ども反対咬合の矯正治療例(8歳男児 治療期間9ヶ月)|ナガイ歯科|愛知県尾張旭の歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

子ども反対咬合の矯正治療例(8歳男児 治療期間9ヶ月)

執筆者:

子ども反対咬合の治療例(Before&After)と解説

反対咬合(受け口)の矯正治療例

年齢・性別 8歳男児
治療期間 9ヶ月
抜歯 なし
治療費(税別) 15万円
備考 上下叢生+反対咬合、拡大床

初診時の写真で分かるように上下顎前歯部の叢生が認められ、さらに下の前歯の一本が上の前歯に反対に重なって前に飛び出している状態になっていることが分かります。 親御さんからすると、一見酷く見るかもしれませんが、実際の叢生量は上顎で2mm程度、 下顎においても3mm程度あれば十分に歯をならべることが出来る、難易度の少ないケースと考えます。

歯列弓の形態も目立つような狭窄もなく、叢生量も少ないために拡大床による治療方法を選択しました。この男性の患者さんは治療に対して非常に前向きで、やる気があり一日平均20時間程度の装着をしていました。したがって拡大自体は約5か月程度で終了しました。その後クローズトリテーナー(歯を並べる装置)を入れて3か月程度で歯は並びました。しかしながらまだ乳歯の脱落時期で歯が動きやすい時期のため、後戻り防止としても装置の装着は継続中です。

小児矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る