叢生・八重歯の矯正治療例(10代女性 3年5ヵ月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

叢生・八重歯の矯正治療例(10代女性 3年5ヵ月)

執筆者:

叢生・八重歯の治療例(Before&After)と解説

叢生・八重歯の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 3年5ヵ月(混合歯列期から永久歯列期)
抜歯 2本(上顎左右第一小臼歯)
治療費(税別) 30万円(税別)
備考 治療方法:マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+エッジワイステクニック(ゴムメタルワイヤー使用)

乳歯がまだ残っている混合歯列期から治療を開始しました。乳歯を抜歯して第二小臼歯の萌出までおおよそ1年かかりました。その間、左右第一小臼歯間のみにブラケットを装着して前方へのフレアアウトを敢えて期待しました。上段左右端側の写真を見ると上顎歯列、下顎歯列ともに前歯部の前方への発育不足により歯列が円弧を描かずに、台形のような形態を呈しています。それにより歯が並ぶスペースが足りずに叢生を起こして、歯並びが悪くなっています。

そこで上顎、下顎ともに前方への歯列拡大を図り、叢生の改善をする方針で治療を進めました。前方への拡大にはゴムメタルワイヤーベンディングでおこないました。上下歯列を十分に前方拡大した時点でオーバージェットが5mmほど認めたため、上顎左右第一小臼歯の抜歯を行いました。顎間ゴムの使用も問題なく出来たことから、抜歯後スムーズに治療が進み、下段写真のように治療を終えました。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る