叢生・八重歯の矯正治療例(10代男性 治療期間11ヵ月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

叢生・八重歯の矯正治療例(10代男性 治療期間11ヵ月)

執筆者:

叢生・八重歯の治療例(Before&After)と解説

前歯の叢生・上顎前突(軽度)の治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 11ヵ月
抜歯 なし
治療費(税別) 30万円(税別)
備考 治療方法:マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+エッジワイステクニック

上下顎の叢生を主訴に来院されました。他院で抜歯が必要と言われ、抜歯は出来る限りしたくないとのことでした。初診時の写真を見ると、上段右側の下顎の歯列写真から著しい歯列の狭窄が認められ、それに伴う下顎前歯部の叢生も見ることが出来ます。したがって歯列の拡大と必要に応じてIPR法を加える事で、非抜歯での矯正治療が可能であると考え治療を開始しました。下顎は歯列拡大により十分なスペースをえることが出来ました。

上顎歯列においては小臼歯間においてIPR法によりスペース確保、またワイヤーによる拡大で叢生を改善するスペースを確保することが出来ました。歯牙の動きもスムーズで11カ月という短期間で治療を終えることが出来ました。2ヵ月後アライナーにて保定期間中でありますが後戻りもなく予後良好です。
※IPR法:一つの歯からおおよそ0.2mmほど削合、多数歯から同量程度のスペースを獲得することで必要なスペースを確保する方法

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る