上顎前突・叢生の矯正治療例(10代女性 治療期間4年)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

上顎前突・叢生の矯正治療例(10代女性 治療期間4年)

執筆者:

上顎前突・叢生の治療例(Before&After)と解説

上顎前突・叢生(軽度)の治療例

年齢・性別 10代女性
治療期間 4年
抜歯 2本(左右第一小臼歯)
治療費(税別) 30万円(税別)
備考 治療方法:マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+エッジワイステクニック(ゴムメタルワイヤー使用)+拡大装置(ゴムメタル使用)

上段の初診時写真から分かるように、上顎前突と下顎前歯部叢生改善が治療の主体となりました。上下顎歯列ともに狭窄が認められることから、歯列の拡大からスタートしました。上顎の拡大装置にはゴムメタルワイヤーを利用した固定式の拡大装置を使用、下顎の拡大は、ゴムメタルを使用したオーバーレイアーチを付加しました。

拡大後、セファロ写真、顔貌からオーバージェットの量を鑑みて上顎左右第一小臼歯を抜歯しました。リトラクション後、顎間ゴムの使用において本人の協力に難航しましたが、写真下段の状態で終了することが出来ました。

口元の写真を見ると閉口時の顎先の緊張がなくなり、お口を自然に閉じれるようになりました。来院回数が一年に6、7回と通常回数の半分という事もあり、治療期間が長くなりました。治療を早く終える事を考えると、治療来院回数と全体の治療期間は相関があり、月に一度の来院は必要であると考えます。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る