子どもの叢生・八重歯の長期矯正治療例(10歳女子 治療期間5年)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

子どもの叢生・八重歯の長期矯正治療例(10歳女子 治療期間5年)

執筆者:

叢生・八重歯の治療例(Before&After)と解説

子どもの叢生・八重歯の矯正治療例

年齢・性別 10歳女子
治療期間 5年
抜歯 なし
治療費(税別) 30万円(税別)
備考 治療方法:拡大床+マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+エッジワイズテクニック

初診時10歳から15歳までの長期症例になります。初診時(上段写真)に上顎前歯部叢生と下顎歯列弓の狭窄が認められました。拡大床を使用して歯列の拡大を図り2年後十分な拡大を得ました(中段写真)。

初診時に永久歯の抜歯はしたくないとの希望があり、積極的に拡大を続けた結果、十分なスペースを確保でき、第二期のブラケット治療はスムーズに治療を終えることが出来ました(下段写真)。

混合歯列期における歯列拡大は、患者の協力を得ることが出来れば、比較的容易に歯列を拡大することができます。それにより十分なスペースを確保することが出来ると、第二期の治療においても容易に歯を並べる事が出来ます。治療の総計の時間はかかりますが、侵襲性の少ない治療に繋がりますので、小児期からの矯正治療はケースによっては非常に有効な治療と考えます。

小児矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る