上顎前突・叢生(重度)の矯正治療例(20代女性 治療期間2年8ヵ月)|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

上顎前突・叢生(重度)の矯正治療例(20代女性 治療期間2年8ヵ月)

執筆者:

上顎前突・叢生の治療例(Before&After)と解説

上顎前突・叢生(軽度)の治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 2年8ヵ月
抜歯 2本(上顎左右第一小臼歯)
治療費(税別) 40万円(税別)
備考 治療方法:マルチブラケットストレートワイヤーテクニック+エッジワイステクニック(ゴムメタルワイヤー使用)

治療前の正面写真において、いわゆる出っ歯のために口を閉じる事が困難で無理やり口を閉じている様子が分かります。そのため、顎先が口を閉じるために緊張して筋張っているのが見えると思います。上顎前突による典型的な様子です。横顔の写真からは口元が突出して、顎先が後方に位置し、鼻先と口先と顎先を通るエステティックラインに対して顎先が届いていません。それだけ顎先が後方に位置している事を示しています。

上顎の側切歯は口蓋側に位置して叢生となり、本来は半円状の歯列の形が三角形を呈しています。下顎の歯列の形も歯列の幅が狭くなり台形を呈しています。上下顎しっかりと歯列を拡大するために今回は、ゴムメタルワイヤーを多用しました。ゴムメタルの特性である持続的な弱い力を利用して短期間で歯列の拡大を行うことが出来ます。

術後の写真で分かるように歯列の拡大により上下顎歯列ともに半円状の形を呈しています。横顔写真からは、下顎が前方へ誘導されて顎先の位置がエステティックラインに届くようになっていることが分かります。また正面写真から、お口を閉じたときの口腔周囲筋群の緊張が無くなっている様子を見ることが出来ます。自然にお口を閉じれるようになっているという事です。審美的にも機能的にも顕著に改善することが出来たケースとなりました。

矯正歯科のページはこちら

トップへ戻る