小児の矯正治療に至る原因についてのお話し|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

小児の矯正治療に至る原因についてのお話し

投稿日:2020年8月1日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ

小児の矯正治療についてのご相談がとても増えています。

歯並びが「がたがた」、「出っ歯」が気になるなど、主訴は人それぞれですが、

共通している事があります。

顎骨の大きさが明らかに小さくなっています。また歯列が湾曲している事も散見します。

乳歯列期において霊長空隙と呼ばれる歯と歯の間のスペースが有ることが理想とされておりますが、昨今、歯科検診などでほとんど目にすることがなくなってきています。

明らかに日本人の顔貌の変化が起きています!

これは、行動様式、食生活様式など日々の生活習慣の変化が強く影響している事は間違いありません。

アジア人の顔貌は、一見すると、彫りが深く、四角ばった顔立ちと言えるでしょう。

顔貌の前方への発達、成長が著しいために顔貌に奥行きがあります。

彫りが深く見えるのは、太い鼻柱があるためでしょう。太い鼻柱の中には、太い鼻腔があり
奥行きのある顔貌の中には、広い気道があります
そのために呼吸するのに十分な空気の出入りが出来ます。

しかしながら現代の日本人の顔貌は上記のような顔貌とはかけ離れてしまっているのです。

つづく

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る