被せ物をながもちさせるためには?つづき|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

被せ物をながもちさせるためには?つづき

投稿日:2020年3月8日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ

土台となる歯が虫歯になると、被せ物の長期安定性が下がります。

土台となる歯の神経が残っていてその歯に虫歯が進行すると
・冷たい飲み物がしみる
・甘いものが染みる
・噛むと痛い

などの症状が出現する事が多いので、早期の治療を施すことが出来ます。

一方で、土台となる歯の神経が無い場合、神経が有る歯に比べて、虫歯が進行しても気づかずに、さらに虫歯の進行が進んでしまう事が多々あります。

・歯が折れる
・噛むと違和感がある
・被せ物と歯の間にすき間が出来て、食べ物が良く詰まる

上記のような、神経の有る歯とは違う症状が出現します。

また被せ物を入れてからメインテナンスを怠ると、プラークや歯石などのバクテリアが溜まり、被せ物の周囲の歯周組織がダメージを受け、その結果被せ物自体も動揺し始めて、上手く噛めないなどの症状が出る事も少なくありません。

被せ物を入れた後は、メインテナンスを忘れずに!

トップへ戻る