被せ物を長持ちさせるには?|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

被せ物を長持ちさせるには?

投稿日:2020年3月2日 執筆者:

カテゴリ:未分類

被せ物とは、クラウンと呼ばれ、歯の形態や機能を回復するための人工的な歯の事を指します。

被せ物をしたから歯が丈夫になったと思われるかもしれませんが、必ずしもそすではありません。

被せ物を支えているのは、その下の天然歯です!

いくら強固な被せ物をしたとしても天然歯の状態が悪ければ、機能を回復することはできません!

天然歯が生きている状態(歯の中に血液が循環していてバクテリアが存在しない)と死んでいる(血液の循環がありバクテリアが存在する)では、被せ物をつくるまでの工程が違います。
また被せ物の長期安定性のおいても、生きている歯の方が優れていると思います。

他にも被せ物を長持ちさせる要素はいくつかあります。

材料の種類の選択はとても重要になります。

天然歯の表層はエナメル質と呼ばれる硬組織で覆われています。

そしてそのエナメル質は、様々なかみ合わせの状況に応じて削れてくれます。
歯が削れることは大切な機能の一つなのですね!

被せ物を入れる時は歯科医師によく相談しましょう。

つづく

 

 

 

 

トップへ戻る