入れ歯、インプラント、ブリッジなどで噛めるようになったら|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

入れ歯、インプラント、ブリッジなどで噛めるようになったら

投稿日:2019年10月19日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ

無くなってしまった歯を、入れ歯、インプラント、ブリッジなどの補綴処置により回復した後は


実際に良く食べれるようになるためにカロリーオーバーに陥りやすいので注意が必要です!

「奥歯が無い状態が長期間続くと、その期間中に変化した、軟らかくて、噛まなくても食べやすい、糖質過多の食生活に慣れてしまい、歯の機能が回復した後でも、食生活は変わらず、急激な体重増加になりがちです!」

実は多くの人の噛み方には左右差が存在することがあります!

長期間にわたり片側噛みを続けると、習慣的によく噛む側の歯は良く削れて平になり、歯列もまっすぐになる傾向が見られます。逆にあまり噛まない側の歯列には湾曲が見られるなど、よく噛む側とそうでない側を比較すると様々な形態的、機能的な差異が認められます。

入れ歯、インプラント、ブリッジなどの補綴処置により噛めるようになったからといって
意識的に噛み方を変える事は非常に危険です。
様々な症状が認められます。

被せ物の脱離、噛むと痛い、歯が欠けた、
歯がしみる、味がしない、よく噛めないなど様々です。

噛み方を意識的に変えずに、噛みやすい側で噛むようにしてくださいね!

 

トップへ戻る