妊婦さんの歯科治療について|ナガイ歯科|愛知県尾張旭の歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

妊婦さんの歯科治療について

投稿日:2018年10月1日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ

妊娠すると歯が悪くなる」このくだり、よく聞きませんか? 実は本当の事なのです!

妊婦さんのお口の中は、むしば菌や歯周病菌が増えやすい条件が揃うので、妊娠中に歯痛に悩んだり
歯ぐきが腫れたりする方が少なくありません。

このような状況になったときにきになるのが「麻酔やレントゲン」と思われます。

赤ちゃんにだいじょうぶかなー」と歯科受診を躊躇しているうちにお口の中はますます悪化していくことが予想されます。

安心して出産を迎えていただくためにも、十分な知識をもっていただきたいと思います。

歯科の局所麻酔:リドカインはほぼ妊娠全週で問題なく使用できる麻酔薬です。通常量を使っても全く問題
        ないとされています。赤ちゃんのためにも痛みのストレスを我慢しないで下さいね。
        またプロピトカインという麻酔薬は妊娠後期の患者さんには使用しません。分娩を促進
         するためです。

レントゲン: 50mSv未満は、胎児への影響と被ばく量との関連は認められない。 

       歯科用CT:0.1mSv
       歯科用パノラマ:0.01mSV
       歯科用デンタル:0.008mSv

       日本の年間自然放射線:2.1mSv

上記の数値を見てもらうと一目瞭然かと思いますが、いかに歯科のレントゲンにおける放射線量が少ないかご理解いただけるのではないかと思います。

つづく
    
         

 

トップへ戻る