入れ歯の汚れは悪いものですか?|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

入れ歯の汚れは悪いものですか?

投稿日:2018年9月21日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ 未分類

ある歯医者さんと患者さんとの間で執り行われるQ&Aにおいて、良い質問がありましたのでピックアップしてみました。

Q:部分入れ歯をいれているのですが、入れ歯ににもプラークって付くんですよね?
  自分の歯に付くプラークと同じものなんでしょうか?

A:入れ歯に付着するプラークは、感じたの存在をはじめ、細菌の種類が異なります。
   病原性が高くなると、口内炎や誤嚥性肺炎の原因にもなるので入れ歯のお掃除は欠かさずに!

歯周ポケット内のプラークは、空気の無い所に潜んでいます。逆に空気のあるところでは繁殖できません。
しかし義歯のプラークは、空気のあるところで繁殖しやすく、入れ歯特有の細菌叢を形成します。
こうした菌により、時間の経過とともに成熟して病原性が増して、様々な疾患を招く可能性があります。

入れ歯にプラークが溜まっていると、入れ歯が細菌の貯蔵庫となります。

「使用したら洗う」ことを一日に出来れば2回以上はしていただけるとよろしいかと思います。

また磨き方や、洗浄の仕方などは自己流にならないように、歯科衛生士さんなどに教えてもらう事をお勧めします!

 

トップへ戻る