歯周病とからだの関係について|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

歯周病とからだの関係について

投稿日:2019年8月26日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ

歯周病と身体の関係については長年研究されていますが、歯周病菌自体が引き起こす病気と歯周病による炎症が病気の引き金になる場合とあります。

大きく分類すると

・動脈硬化による、脳梗塞、心筋梗塞

・糖尿病

・誤嚥性肺炎

・早産、低体重出産

となります。

これから歯周病の治療を受けたり、予防へのインセンティブに繋がるために
知って頂ければと思います。

歯周病と動脈硬化について

脳梗塞、心筋梗塞ともに血管が詰まることによって起こる病気です。

歯周病細菌が血管内に入り込むと、血管の内壁に入り込んで堆積します。すると身体の免疫機構が働いて細菌を攻撃します。その残骸が溜まり血管が硬化して血流を阻害することにより病気に至ります。

血管内から実際に歯周病細菌は検出されています。

最近では、心臓疾患で病院へ通われている患者さんにおいては担当医から口腔内のバクテリアコントロールについての情報提供を求められることが少なくありません。
それだけ医科においても歯周病と身体の関係についての知識が浸透している証拠だと思います。

お口の中のバクテリアコントロールは様々な病気の予防に繋がりますので
まずは、気を向けるようにしてくださいね!

 

トップへ戻る