歯周病と糖尿病について|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

歯周病と糖尿病について

投稿日:2019年9月2日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ 未分類

糖尿病は様々な理由から、すい臓から分泌されるインスリンの作用不足により血糖値が慢性的に高くなり続ける病気です。

インスリンは血糖値を下げるホルモンです。体の様々な部位へ糖の取り込みを促します。

糖が取り込まれずに血糖値の高い状態が続くと血管が弱り、心筋梗塞、脳梗塞、など深刻な病気に繋がりかねません。

なぜ歯周病と糖尿病が関係するのか?

炎症性の物質がインスリンの作用を抑制します。

すなわち歯周病は炎症を発しますので結果、糖尿病を増悪させるのです!

歯周病が進行 ➡ 糖尿病悪化

歯周病治癒傾向 ➡ 糖尿病改善傾向

糖尿病については歯周病が悪化の一因になるだけでなく、歯周病が改善することにより、糖尿病も改善することが多くの研究により分かってきました。
歯周病治療により歯周組織の炎症が落ち着くと、インスリンの働きが良くなり血糖値が下がるようになります。結果、糖尿病が改善傾向になるという事です。

何よりも放置することが負のスパイラルを招きます!

糖尿病がご心配の方は病気について良く知る事から始めてみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る