一度治した歯が再度虫歯になった|愛知県尾張旭・旭前・三郷駅近くの歯医者

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

一度治した歯が再度虫歯になった

投稿日:2017年11月13日

カテゴリ:院長ブログ

本日は、約一年ぶりに小学生の姉妹が来院しました。お姉ちゃんの方は、12歳でほぼ永久歯歯列です。8歳の妹は、乳歯と永久歯の混合した文字通りの混合歯列期です。二人ともに小さいながら虫歯が数本ありました。そのうちの数歯は、以前に虫歯の治療を施した歯でした。専門用語では、二次カリエスといいますがまさに一度治した歯が再度虫歯になることです。

二次カリエスの原因も複合的ですが今回の場合は、虫歯を除去した後に詰めた充填物(プラスチック系の材料)が一部脱離してそこに食べかす等がたまり虫歯になっていました。処置するときには、細心の注意を払いますが予期せぬ事が起こるのが常です。お口の中は、毎日食べ物が入り歯と歯で噛み砕くわけですから時間の経過と共に使用した材料にも劣化が起きそ様々な問題が起こります。

結論から申しますとやはり歯は、削らない方が良いし、修復もしない方が良いということです。しかしながら一度虫歯や他の疾患に罹ってしまうと治さざる得ないのでそうならないためにもやはり予防ということが健康を持続させる大変重要なキーワードとなります。

皆様これから寒い冬を健康で乗り切るためにも各種予防に対して今一度気を向けていただけると何よりです。

トップへ戻る