初期虫歯はどうしてできるのですか?|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

大型駐車場(13台)

9:00~18:30まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

初期虫歯はどうしてできるのですか?

投稿日:2019年6月22日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ

虫歯で「歯が溶ける」といった表現を聞くことがありますが、実際には氷やアイスクリームが溶けるように
じわりじわりと歯が溶けていくわくではありません。

1)虫歯は「プラーク」が付着することことから始まることが多いです。
 プラークの中の細菌が糖を分解して酸を作り出して、プラークの中が酸で充満します。

2)すると酸性になったプラークと歯の表層を覆うエナメル質が反応してはの成分が唾液中に溶けだします
  す。これを「脱灰」といいます。 そして同時に唾液の作用により唾液中の歯の成分(主にミネラル)
  が再び歯の中に取り込まれる作用「再石灰化」も起こります。
  脱灰と再石灰化は同時に起こるのが常です!

3)しかしながら脱灰のスピードが再石灰化のスピードを上回り長期にわたり脱灰の頻度が増していくと歯 
   の成分がどんどん抜けて、エナメル質の結晶内が小さな空洞が出来始めます。これが初期虫歯です!

4)そこからさらにその状態が進むとエナメル質の結晶の中身が完全に抜けてスカスカの状態になり、やが
   て表面が崩れて穴の開いた虫歯になるというわけです。

プラークを溜めないように正しい歯磨きを実践してくださいね!

トップへ戻る