削らない虫歯の治療について|愛知県尾張旭市の歯医者・歯科|尾張旭駅10分のナガイ歯科

新型コロナウイルス対策について

大型駐車場(13台)

9:00~18:00まで

尾張旭歯科医師会加盟

歯科外来診療環境加算

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

ゴムメタル矯正

お問い合わせ・ご相談

矯正治療・インプラントに関する無料相談受付中

0561-54-5511

日曜日 休日診療愛知県尾張旭市西大道六兵衛前3911

削らない虫歯の治療について

投稿日:2020年10月18日 執筆者:

カテゴリ:院長ブログ

サホライド虫歯の出来る部位は様々です!

これまでお話しした部位は、歯の表層であるエナメル質やその下にある組織、象牙質についてでした。

臨床においてはその他に、根面う蝕に遭遇することが往々にしてあります。

歯周病などで歯肉が退縮して歯の根が露出して、根の表面が見えてしまう事がありますがあります。その根の表層は有機成分を含んでおり、形も複雑で、表層も粗造なことからプラークも堆積しやすく、とても虫歯になりやすいのです。

一旦虫歯になるとその形態と環境から、また多くの場合痛みなく虫歯が進行することから、修復するのがとても困難になります。

虫歯にならないようにする事がとても重要となります。 削らいない治療を実践することです!

根面う蝕の治療には高濃度のフッ化物塗布が有効です。

フッ素配合(1400ppm)の歯磨剤と洗口剤(250ppm)を併用するとよいでしょう。

また小児のう蝕進行抑制に現在も頻繁に使用されている「サホライド液歯科用38%(フッ化ジアミン銀製剤)がとても有効であります。

サホライド塗布により歯質が黒くなることで敬遠されがちですが、根面う蝕の治療にはとても有効です。

歯の根にできたう蝕でお困りの方は、かかりつけ医に是非相談してください!

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る